【ヤマハ】WR250Xのサスペンション減衰調整【峠向け】【サスセッティング】

 サスセッティングの変更

 

私の乗っているWR250Xは一時期サーキットを定期的に走っていた頃があったのですが、その頃のサスセッティングのままでした。

 

公道ではサーキットと違い足回りのセッティングをそこまで気にすることもないのでそのままにしていました。

 

しかし、ここ一年ほどサーキットに行っておらず、今後も当分はサーキットに走りにいく予定もありません。

 

今の使い方に合わせた仕様に変更してみようと思いました。

 

あわせて読んで頂きたい記事

【ヤマハ】WR250Xカスタムポイント紹介 【カスタムパーツ】

 

【バイク】WR250X/WR250Rのエンジンオイルとオイルフィルターの交換【オイル交換】【自分で交換】

 

 私の身長と体重

身長:174cm

体重:74kg

 

サスペンションのセッティングってコースや乗り方、タイヤの銘柄など条件によって変わるんですが、その一つにライダーの体格があります。

 

私の場合は中肉中背よりちょっと重い程度なんで特殊なセッティングにはならないかと思います。

 

 装着タイヤはIRC RX03 Spec R

 

このタイヤはバイアスタイヤの中ではハイグリップの部類に入ります。

 

少し癖がありますがグリップ自体は高く価格も安いので、

 

モタードでスポーツライディングをするのであればかなりコストパフォーマンスのいいタイヤといえます。

 

サスペンションのセッティングは装着しているタイヤによってもフィーリングが変わってくるので

 

タイヤの銘柄やサイズを変えた場合は見直したほうがよいでしょう。

 

リアはそろそろ交換時期なんで交換したらまたフィーリングが変わりそうではあります。

 ステアリングステムスタビライザー装着車

 

私のWRにはアウテックスのステムスタビライザーが装着してあります。

 

こちらについては私のWRのカスタムポイントについて紹介している記事に書いてあるので、こちらの記事を読んでいただきたいのですが、

 

ステアリングステムスタビライザーを装着したことによって、体感的には

 

ブレーキング時にフロントフォークの圧側減衰を2クリック(2段階)ほど強くしたような感覚になりました。

 

あくまで私個人の感じ方の問題ですが一応足回りのセッティングに影響が出ていそうな部分なので参考までに書いておきます。

 今回調整するのは前後の減衰

WR250Xのサスペンションは純正でフロントの伸び側減衰、圧側(縮み)減衰、リアの伸び側減衰、圧側減衰、プリロードが調整出来ます。

 

私の場合はプリロードは標準位置のままなので、今回もそのままにしておきます。

 

車高についてもフロントフォークの突き出しとリアサスのリンクで調整出来ますが、標準位置のままです。

 

 減衰を調整するとどうなる?

 

バイクにには路面の凹凸を吸収するためにサスペンションが付いています。

 

その際に車体の揺れを抑える(減衰させる)のがサスペンションの減衰力です。

 

この減衰力が強すぎると路面の凹凸を吸収しきれずに乗り心地が悪くなったり、

 

バイクの動きが重く感じたりして軽快感が損なわれてしまったりします。

 

逆に弱すぎるとサスペンションが動きすぎてふわふわとした乗り味になり安定感が損なわれてしまうこともあります。

 

この減衰力を適切に調整することで乗りやすい状態にすることができます。

 

 調整方法(フロントフォーク)

 

※フロントフォークの調整は左右で均等に行いましょう。

 

ここで不均一な調整をしてしまうと、操作性や安定性を著しく損なうことにもなります。

 

また、調整幅の最大値、最小値を超えない(アジャスティングスクリューをまわし過ぎない)ように気をつけてください。

 

目いっぱい回したところから無理にそれ以上まわしてはいけません。

 

 フロントの伸び側の減衰

 

フロントの伸び側の減衰は、フロントフォークキャップの上部にあるアジャスティングスクリュー(調整ネジ)を回すことで調節出来ます。

右に回すと強くなり、反対に回すと弱くなります。

 

調整ネジをまわすとカチカチとした手ごたえがあります。

 

このカチっとした手ごたえが(1クリック)が1回ごとに減衰を1段階ずらしたときの手応えです。

 

時計回りにカチカチと目いっぱいまわしたところが1段目(最大)ですが、標準10段目に設定されています。

 

調整幅:最大1(ハード)〜標準10〜最小17(ソフト)の17段

 フロントの圧側の減衰

 

フロントの圧側の減衰はフロントフォーク底部のアジャスティングスクリューを回すことで調節出来ます。

 

こちらも右に回すと強くなり、反対に回すと弱くなります。(下から覗き込む形になるので左右を間違いやすいかもしれません。)

 

こちらもまわすとカチカチと手ごたえがあるので同様に1クリックごとに1段階減衰を調整できます。

 

このスクリューにはゴムキャップで蓋がしてあるので外したらなくさないように注意しましょう。

 

標準は10段階目です。

 

調整幅:最大1(ハード)〜標準10〜最小17(ソフト)の17段

 調整方法(リアショック)

 

フロントフォークが上部のアジャスティングスクリューで伸び側、下部でのアジャスティングスクリューで圧側の減衰を調整しましたが、

 

リアショックは上部のアジャスティングスクリューで圧側の減衰、下部のアジャスティングノブで伸び側の減衰を調整します。

 

フロントフォークとは上下が逆になるので注意しましょう。

 

 リアの伸び側の減衰

 

リアショックの伸び側の減衰はリアショック下部のアジャスティングノブを回します。

 

こちらはAの方向に回すと強くなりBの方向に回すと弱くなります。

 

こちらは工具を使わずに手でまわすことが出来ますが、Aの方向に目いっぱい回したところを1段目(最大)として標準は15段目になっています。

 

調整幅:最大1(ハード)〜標準15〜最小25(ソフト)の25段

 リア側の圧側の減衰

 

リアショックの圧側の減衰はリアショック上部側面のアジャスティングスクリューを回します。

 

右に回すと強くなり、左に回すと弱くなります。

 

ここも目いっぱい右にまわしたところが最大の1段階目です。標準は8段階目になってます。

 

調整幅:最大1(ハード)〜標準8〜最小18(ソフト)の18段

 以前のセッティング

フロントフォーク伸び側:1段目

フロントフォーク圧側:3段目

リアショック伸び側:1段目

リアショック圧側:2段目

 以前のセッティングは少々硬すぎて軽快さがスポイルされていた。

 

私のWRは以前はピレリのディアブロスーパーコルサV2(以下スパコル)と言う

 

プロダクションレースタイヤ(公道でも使用できる溝付きレースタイヤ)を履いていました。

 

現在はIRCのRX03 SPEC R (以下03R)ハイグリップバイアスタイヤでワインデングを流す程度です。

 

03Rに履き替えてからもサーキットを2回ほど走りましたが、タイヤの絶対的なグリップが落ちたため若干減衰を弱めて走っていました。

 

それでも公道で流す程度のペースで走るのには硬すぎる印象でした。

 

どうにも乗りにくいという印象でもなかったので、そのまま気にせずにのってしまっていましたが、

 

当面スパコルを履いてサーキットに行く予定もないので、普段の使い方に合わせたセッティングにしてみました。

 

 現在のセッティング

フロントフォーク伸び側:2段目

フロントフォーク圧側:8段目

リアショック伸び側:8段目

リアショック圧側:4段目

 セッティングの変更で軽快さを取り戻した。

 

以前のセッティングはフロントもリアも伸び側の減衰は最大、圧側もそれに近いところまで締め上げていました。

 

しかしサーキット走行では、ペースが上がってくるにつれてそれでも減衰が足りないように感じることが多くなり、

 

サスペンションのオーバーホールもかねて、スプリングレートやフロントフォークオイルの変更などで

 

よりハードな足回りすることも考えていました。

 

しかし、サーキットに行くこともなくなりハードなセッティングを、求める必要もなくなったので若干ソフトな方向に振ってみました。

 

以前より足回りがよく動くのでツーリングや街乗りでもより軽快に気持ちよく走ることが出来るようになりました。

 

< スポンサーリンク>

 最後に

 

今回はWRのサスペンションの減衰セッティングのお話でした。

 

サスペンションのセッティングは非常に奥が深く、私も他人様に教えられるほどの経験や知識は持ち合わせていませんが、

 

WRのように調整機構を備えたサスペンションを採用しているバイクだと、

 

サスペンションの調整をすれば新たに部品を購入せずにお金を掛けずに乗り味を改善することもできます。

 

こういった方法もあると知っていただければいいのかなと思いこの記事を書いてみました。

 

また現在のセッティングで今のとことは、満足していますが、

 

またセッティングを変更した際にはこの記事を更新するか、新たな記事を書くなどして情報を共有できればと思います。

 

今回は以上になります。

 

ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!