ウーバーイーツのサポートに問い合わせる方法 電話 チャット 電話予約サポート

  • 2021年11月17日
  • 2021年11月17日
  • Uber Eats

 トラブルの解決をしたい場合などはサポートに問い合わせましょう。

先日、UberEatsの配達方法を自転車から原付に変更しましたが、

その中で、ウーバーイーツのサポートに確認したいことがあったので

チャットで問い合わせをしてみました。

 

今回私が問い合わせた内容は、配達方法を原付(125cc以下)に変更したのに、

オンライン時に自転車用の安全チェックリストが表示されることと

書類の項目で、身分証に確認が必要です(パスポートなど外国籍向けの内容)

と警告が出ていたのでこちらについての質問をしました。

 

結果としてはどちらも問題がないとのことで、配達をスタートしました。

前者はアプリの仕様、後者は免許証を提出しているので問題ないそうで、

しばらくしたら警告は消えました。

配達方法を自転車から原付に切り替えた話。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達方法を自転車から原付バイク(125cc以下)に変更しました。手続きの方法

 サポートに問い合わせる方法は3つ

サポートに問い合わせる方法は下記の3つです。

私が利用したことはあるのは2つめの方法です。

 サポートへの電話

こちらは、主に配達中のトラブルの際に連絡するサポートに連絡する方法です。

電話番号の入力でかけることもできますが。

アプリからも行えます。

なかなか繋がらなかったり、接続が不安定で会話にラグがあったりする場合もあるそうです。

事前にご自身の配達エリアを管轄するサポートセンターの電話番号を登録しておくを便利です。

■関東エリア

東京都 0800-080-4117
神奈川県 0800-080-4225
埼玉県 0800-080-4117
千葉県 0800-080-4117

■中部エリア

愛知県 0800-123-6931

■近畿エリア

大阪府 0800-080-4270
京都府 0800-170-0024
兵庫県 0800-080-4153

■その他

その他 0800-080-4153

引用元:Uber Eats 配達パートナーガイド(ver1.08)

 アプリ内のチャット。(私が利用した方法はこれ)

配達中のトラブルなど急ぎでない場合の問い合わせは、

配達アプリからチャットでメッセージを送りましょう。

 

サポートセンターの混雑具合によっては、

返信が来るまでに時間がかかる場合もあります。

 

アプリからサポートにチャットを送る方法はかなりわかりにくく、

初見殺しな仕様となっています。

アプリからチャットで問い合わせる方法。

 

ヘルプを開いて、自分が知りたい内容が見つかればそれを参考にすればいいのですが

知りたい内容が見当たらなかった場合の方法は以下の通りです。

「ヘルプ」→「アカウントや登録車両に関するお問合わせ」

「サインインできない、またはオンラインにできない」

→「アカウントがハッキングされた可能性がある」の順にタップします。

「アカウントがハッキングされた可能性がある」を開いたら下にスクロールすると

テキストボックスがあるのでこちらに、問い合わせしたい内容を書き込みます。

電話番号の入力も必要になりますが、こちらは国際電話の番号になるので

日本を表す+81の後ろに最初の0を除いた電話番号を入力しましょう。

例えば「090-1234-5678」であれば「+8190-1234-5678」

 

※「アカウントがハッキングされた可能性がある」ではない内容で問い合わせを行う場合は、

「該当する項目が見当たらなかたため、こちらから連絡させていただきます。」

など一言入れるようにしましょう。

 

メッセージを送ったら担当者が見つかり次第返事が返ってきます。

私の場合は20時間ほどで返信が来ました。

 

混雑状況によっては、もっとかかる場合もあると思います。

配達中のトラブルなど、緊急の場合は電話での問い合わせが良いでしょう。

 電話予約サポート

通常の電話サポートやチャットサポートでは解決が難しい問題は

電話予約サポートを使うといいそうです。

 

上記二つは一般スタッフ(アルバイト?)によるテンプレート対応のため

複雑なトラブルには対応できない場合があります。

 

電話予約サポートは熟練した本部が対応してくれるので

本当に困ったときはこちらに問い合わせてみましょう。

 

※電話予約サポートはなかなか予約が取れないそうです。

電話予約サポートはこちら。

 最後に

今回は、ウーバーイーツの配達員がサポートに連絡する方法について書きました。

私自身、まだまだ初心者配達員なので、サポートのお世話になることがあるかもしれません。

今回は以上になります。ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!