【東方Project】永夜抄は初心者向けなのか?【原作】【風神録】【虹龍洞】

 永夜抄は初心者向けなのか?

結論としては、初心者がとりあえず原作に触れてみたいのであればおすすめのタイトルです。

他のタイトルと比較してもシステムがしっかりと作り込んであるので、初心者にも優しく、中級者以上でも飽きずにやり込める傑作タイトルです。

しかし、その分複雑で独特な部分もあります。今回は東方Project第8弾東方永夜抄に焦点をあてて書いてみました。

あわせて読んで頂きたい記事

【東方Project】紅魔郷・妖々夢・永夜抄をWin10でプレイする方法 【Windows10】

 

【東方Project】紅魔郷・妖々夢・永夜抄をSTG初心者がプレイする

 

【東方Project】第18弾 東方虹龍洞 体験版をプレイ【Steam】

 

【東方Project】第18弾 東方虹龍洞 製品版をプレイ 初心者は自機早苗がオススメ【Steam】

 

 

 

 原作やるならどれから始めればいい??

 

東方Projectは公式が二次創作に比較的寛大なので、同人活動が盛んに行われています。

二次創作から入って、原作の弾幕STGをプレイしたいと思う方もいると思います。

そこで問題になるのは、どれから始めればいい?です。

 

整数タイトルを第6弾の紅魔郷から第11弾の地霊殿までと最新作18弾をプレイして感じたのは

どれをやっても難しいから好きな曲とかキャラクターが出てくる作品をやり込め!

です。

 

個人レベルの向き不向きは当然あると思いますが、比較的初心者向けの難易度とされる妖々夢、永夜抄、風神録でもシューティングゲーム初心者には難しいと思います。

 

難しいとされる地霊殿と比較すると多少優しいかな?と思う程度です。

自分が好きな曲やキャラクターが出ている作品を手にして、まずはそれをひたすらやり込んで基本を覚えるといいと思います。

最初にプレイしたタイトルで基本を身につければ、他のタイトルにも応用が効きます。

 

私は現段階でプレイ歴半年、一番低い難易度のイージーで色々なタイトルに手を出してしまったているので、いまだにノーマル以上の難易度ではなかなかクリアできません。

整数タイトルで一通りプレイしたら、その中で一番気に入ったタイトルをやり込んでいこうと思います。

 

2021/07/09現在第16弾の天空上璋と17弾の鬼形獣を買えば整数タイトルは一通り揃う程度に積みゲーしてます。汗

 

 東方永夜抄

東方Project第8弾東方永夜抄~ Imperishable Night.

東方Project原作弾幕シューティングの中でも比較的初心者向きと言われる作品の一つに東方Project第8弾東方永夜抄があります。

私もこの作品から始めました。

私が実際にプレイしてみてこの作品が初心者向けと言われる所以は以下の点だと思います。

 

・幻想の結界チームの性能が高い

永夜抄は他のタイトルと異なり自機(主人公)が人間と妖怪で二人一組でタッグを組んでいるのが特徴です.

 

その中でもっともスタンダードな選択肢である博麗霊夢と八雲紫の組み合わせの「幻想の結界チーム」が非常に使いやすいです。

 

このチームは当たり判定が小さく、決死結界(ラストスペル=強化版喰らいボム)の判定時間が長いなどの特徴があります。

 

また、霊夢のショットは追尾弾を放ち、紫のショットでは八雲式(八雲藍)が的に張り付いて攻撃します。

 

当たり判が小さい上にショットが敵を追尾するので回避行動に専念しなががら攻撃できます。

その上、敵弾にヒットしてもラストスペル受付時間が長い(15フレーム)のでボムを残したままミスする「抱え落ち」もしにくいという隙のない仕様となりなす。

 

・弾幕の密度は高いが速くないので回避しやすい。

他の作品と比べた場合、私の体感ですが弾幕自体の密度は高めですが、弾が飛んでくる速度はそれほど速くないので避けやすい印象です。

 

特に、当たり判定の小さい「幻想の結界チーム」でプレイするとそう思います。

 

・ラストの耐久スペル「永夜返し」がクリア条件に含まれない。

最終6面B(グッドエンディングルート)のラストに耐久スペル(一定時間避けきる)が発動しますが、こちらは最後まで避けきれずに自機を使い切ってしまっても、クリア扱いになります。

 

妖々夢でも似たような演出の「反魂蝶」がありますが、こちらは永夜返しほどではないにしろ凄まじい弾幕を一定時間避け切らないとクリア扱いにならないので難易度が高いです。

 

・EXステージ開放条件が緩い

東方Projectの整数タイトルでは本編を一定条件を満たしてクリアすると解放されるおまけにエキストラステージがあります。

 

永夜抄では、イージーモードでグッドエンディング(Bルート)をコンテニューせずにクリアすると解放されます。

 

作品によっては、ノーマル以上の難易度でコンテニューぜずにクリアする必要があるものもあるので、そう言った意味でも永夜抄は難易度が低いといえます。

 

 初心者でもやりやすいが、特殊なタイトルでもある。

 

永夜抄はシステムが作り込んであり、原作が初めての初心者でもプレイしやすく、上級者にも楽しめるやり込み要素もあり傑作タイトルと言えると思います。

 

しかし、その分他のタイトルと比べて特殊な部分も多いので、永夜抄をプレイしてから他のタイトルにもやってみよう!となった場合少々戸惑う部分も出てくると思います。

 

永夜抄の初心者には少し厄介だな思うところを書いてみました。

逆にいうと、ある程度腕に自信のあるプレイヤーであれば、ガッツリやり込める要素になることも多いです。

・自機のシステムが複雑

自機が人間と妖怪の二人一組になっていて高速移動時は人間、低速移動時は妖怪それぞれのキャラクターを操作します。

 

被弾時にラストスペルを発動すると操作していないキャラクターが助けるという形を取るため、人間(高速移動時)では妖怪、妖怪(低速移動時)には人間のラストスペルが発動します。

 

また、「妖率と逢魔時」という人間と妖怪で使用率(画面右下のに妖率ゲージで確認できる)がどちらかに偏っているとスコアが稼ぎやすくなるシステムも導入されています。クリアを目指すだけなら、あまり気にしなくていいものですが、高得点を狙うなら理解しておく必要があります。

 

・ラストスペル(自機)は正直邪魔

 

東方Projectは、喰らいボムと言って被弾した瞬間にボムを打つとミスを帳消しにできるの仕様になっているのですが、永夜抄の場合ラストスペルというより強力なボムが発動します。

 

敵側が使うラストスペルもあるのですがそれはまた別物なので、機会があれば解説したいです。

 

ラストスペルは強力ですが、ボムを2つ(残りボム数1の場合は1)も消費するので正直コスパが良くないです。

タイミング次第では通常の喰らいボムも打てますが、受付時間が非常に短い(1フレーム)ので、被弾を認識してからボムを打つと大体ラストスペルが発動します。

 

・単騎プレイで難易度大幅アップ

永夜抄は最初に選択できる4チーム全ての自機でコンテニュー無しで6面までクリアするとタッグを解消して人間、妖怪それぞれ単独でプレイ出来る様になります。

 

しかし、永夜抄の自機は人間、妖怪ともに、それぞれ低速、高速どちらか片方のみで使用する前提の仕様なので、低速と高速でショットやボムを使い分けることができません。

 

一種の縛りプレイ状態になるので選択するキャラクター次第では、非常に困難なプレイを強いられることになります。

 

そもそも、全てのチームでノーコンテニュークリアした後の話なので、初心者にはあまり関係のない部分ではあるかもしれません。

 

 他の作品にも挑戦したいのであれば風神録がおすすめ

東方Project第10弾東方風神録~ Mountain of Faith.

この作品以降の整数タイトルはSteamでも購入できます。

また「原点に戻った作り」というコンセプト通り、シンプルなシステムとなっているのでプレイもしやすいです。

 

風神録以降のタイトルは、風神録のシステムをベースに発展させたシステムとなっているので風神録をプレイしておけば、戸惑うことはないと思います。

風神録についてもいずれは記事を書きたいと思います。

 

 最新作 虹龍洞もおすすめ

東方Project第18弾東方虹龍洞〜 Unconnected Marketeers.

最新作の虹龍洞もおすすめです。

こちらはSteam版を購入しました。

今作はアビリティカードというアイテムを装備することで自機の性能を強化できます。

 

難易度としてはカード装備前提な部分がるので、最初は大変かもしれませんが、強力なカードも多いので、カードが集まってくると、プレイが楽になってきます。

 

作り込まれたシステムで初心者でも楽しめ、なおかつやり込み要素もたっぷりという意味では永夜抄に通ずる部分があると思います。

 

 まとめ

今回は東方Project第八弾東方永夜抄について書きました。

今後もプレイして気がついたことは記事にしていきたいと思います。

 永夜抄について

  • 永夜抄はとりあえず原作にふれてみたいのであればおすすめのタイトル。
  • システムがしっかりと作り込んであるので、初心者にも優しく、中級者以上でも飽きないやり込み要素もある。
  • システムが作り込んである分複雑で独特な部分もある。

 初心者におすすめできるポイント

  • 幻想の結界チームの性能が高いのでプレイしやすい。
  • 弾幕の密度は高いが弾は速くないので回避がしやすい。
  • ラストの耐久スペルがクリア条件には含まれないのでクリアしやすい。
  • EXステージがイージーをコンテニュー無しでクリアすれば解放される。

 

 特殊な部分もある

  • 自機のシステムが複雑で高得点を狙うならそれを理解する必要がある。
  • 自機のラストスペルは邪魔。(なくてもいいと思う。)
  • 単騎プレイで難易度大幅アップ。

 他に初心者におすすめできるタイトル

・風神録

シンプルでわかりやすいシステム、以降の作品のベースになっているので、新しいタイトルに挑戦する際にも違和感なくプレイできる。

・虹龍洞

最新作、永夜抄とはまた違うが、システムが作り込んであるので初心者にもプレイしやすくやり込み要素も充実。

 

東方Projectは今後もプレイしていく予定なので、また何かありましたら記事を書こうと思います。

今回は以上です。ありがとうございました。

< スポンサーリンク>
最新情報をチェックしよう!