【東方Project】第18弾 東方虹龍洞 体験版をプレイ【Steam】

 東方虹龍洞とは?

東方虹龍洞 〜 Unconnected Marketeers.」 (とうほうこうりゅうどう アンコネクテッド マーケティアーズ)とは

 

上海アリス幻樂団が制作している東方Projectの最新作で先日2021年2月27日に発表されました。

 

作品の情報についてはもうすでにいろんなところから出てますし、

 

プレイしたよって記事もたくさんあると思いますが、

 

今回はこの東方虹龍洞の体験版をプレイしてみた感想を書いていきます。

 

あわせて読んで頂きたい記事

 

【東方Project】紅魔郷・妖々夢・永夜抄をWin10でプレイする方法 【Windows10】

 

【東方Project】紅魔郷・妖々夢・永夜抄をSTG初心者がプレイする

 

【東方Project】シューティング初心者が東方永夜抄イージーを攻略【自機紹介】

 

【東方Project】第18弾 東方虹龍洞 製品版をプレイ 初心者は自機早苗がオススメ【Steam】

 

 Steamで無料体験版が配信されました。

 

私はこれまで東方ProjectはWindows初期三部作をプレイしました。

 

これらの古いタイトルはSteamでは配信されていないのでCD版からインストールしていましたが、

 

東方Projectも第10弾「東方風神録 〜 Mountain of Faith.」(とうほうふうじんろく マウンテン・オブ・フェイス)以降の作品であればSteamで買うことができます。

 

東方Project第18弾東方虹龍洞 〜 Unconnected Marketeers.」 (とうほうこうりゅうどう アンコネクテッド マーケティアーズ)の体験版がSteamにて配信されました。

 

製品版の発売が楽しみですが、一足先に体験版が遊べるのであればと、Steamの体験版をためしてみることにしました。

 

私はSteamはこれまで使ったことがありませんでしたが、

 

ガイドの通りに操作すればスムーズにインストールできたので、

 

普段PCを使っている方なら問題なく使うことが出来ると思います。

 

Steamの説明についてはこちらのページがわかりやすかったのでシェアさせて頂きます。

Steamのインストールについてはこちらから

Steamの体験版はこちら

2021/05/15追記 製品版もプレイしてみました!

製品版が発売され現在プレイ中です。それについても記事を書いてみたんで、呼んでいただけると嬉しいです。

【東方Project】第18弾 東方虹龍洞 製品版をプレイ 初心者は自機早苗がオススメ【Steam】

 

 過去にプレイした作品

私は東方Projectは最近、第6弾である東方紅魔郷から第8弾の東方永夜抄までのいわゆるWindows初期三部作をプレイしています。

 

最新作がどんなものなのか気になるところです。

 

第8弾である永夜抄が2004年の作品なので、17年の間にだいぶ変わっているとは思いますが。

 東方紅魔郷 〜 the Embodiment of Scarlet Devil.(とうほうこうまきょう ジ・エンバディメント・オブ・スカーレット・デビル)

 

東方Project第6弾、プラットフォームをPC-98からWindowsに移行した最初の作品、これより以前の作品は旧作と呼ばれています。

 

現在の東方Projectの原型になる作品とも言えます。

 

登場キャラクターや使用されている音楽も人気の高い曲ばかりですが、難易度的にはとても難しい印象です。

 

イージーはなんとかクリアしましたが、ノーマル以上の難易度でないと最終6面まで行けないので道のりは長いです。

 

 東方妖々夢 〜 Perfect Cherry Blossom.(とうほうようようむ パーフェクト・チェリー・ブロッサム)

 

第7弾、こちらは紅魔郷に比べれば幾分難易度は低い印象です。

 

とは言え最終6面のラストが耐久スペル(一定時間耐える)になっていて、

 

そこを耐えないとクリアにならないのが大変です。

残念ながら今のところノーコンクリア(コンテニュー無しでクリア)出来ていないので頑張りたいと思います。

 

個人的にこの作品は1面から6面、その後のExtraステージやPhantasmに使われている曲全てが素晴らしいです。

 

Extra以降のステージはまだ開放出来ていないので(上記のノーコンクリア未達成)いずれは到達したいです。

 

 東方永夜抄 〜 Imperishable Night.(とうほうえいやしょう インペリシャブル・ナイト)

 

第8弾、こちらはWindowsに移行してから3作目、この作品は人間と妖怪がタッグを組んで異変解決に挑む独特なシステムを採用しています。

 

上記2作品より難易度は低めに感じました。

 

全体的な完成度が高いのでプレイしやすいのと、最終6面の耐久スペルを最後まで耐え切らなくてもクリア扱いにしてくれるのが大きい気がします。

 

一番最初にプレイしたのはこの作品ですが、もし紅魔郷からプレイしていたらおそらく早々にコントローラーぶん投げてました。

 

初期三部作をプレイしてみたことはこちらの記事にも書いてあります。

 

 私のプレイ環境

 

一応参考として私のプレイ環境も書いて置きます。

 

Windows初期三部作のような古い作品と違い最新のソフトなので、推奨スペックを満たしたPCならどれも問題なく動いてくれるとは思いますが、念のため。

 

東方Projectの正式ナンバリングタイトルはシンプルな弾幕STGなので、そもそもそんなに高いスペックのPCでなくても大丈夫ですけど。

 

以下の環境で動作確認を行いました。

 

中古筐体ベースのBTOで買ったものなのでハード的には何年も前のものです。

 

最新の高度なグラフィックのゲームを動かすには微妙なところですが、東方Projectを動かすのには十分です。

 

  • OS: Windows 10 Pro 64bit Version1909
  • PC: DELL OptiPlex 7020
  • CPU: Intel Core i5 4570
  • グラフィックカード: ADM Radeon HD 7470
  • メモリ: 16GB
  • ストレージ SSD512GB
  • ディスプレイ: Lenovo ThinkVision T2020 21.5インチ WLED モニター×2
  • ゲームパッド: Logicool Gamepad F310

私の使用しているPCについては私のサブブログで紹介してますので良ければご覧ください。

< スポンサーリンク>

 インストールが出来たのでプレイしてみる。

Steamのインストールが出来たのでさっそく体験版をダウンロードして遊んでみました。画面も新しいソフトだけあってキレイですね。

 

 今回の自機はこの4人

今回の自機(プレイヤーが操作するキャラクター)は

 

毎度おなじみの主人公である博麗霊夢と霧雨魔理沙の二人と紅魔館のメイド長十六夜咲夜、守矢神社の風祝(かぜはふり)東風谷早苗の合計4人です。いわゆる人間組の4人ですね。

 博麗霊夢

 

バランスタイプ、高速移動中のショットは誘導弾と自機の目のから直進する弾が発射されます。

 

低速移動では、誘導弾が発射されない代わりに直進する弾が強化されます。

 

霊夢はどの作品でもバランスタイプに設定されますが、今回も例外ではなく癖がなく扱いやすい自機になってます。

 

ただ、今回の霊夢は低速移動では誘導弾を使えないので少し難易度が高い気もします。

 

私がこれまでやってきた作品では霊夢の低速移動+誘導弾の組み合わせをメインで使ってきたので尚更そう感じます。

 

 霧雨魔理沙

前方集中の高威力タイプ、魔理沙のショットは高速移動でも低速移動でも直進するタイプです。

 

攻撃範囲こそ狭いですが火力は強大です。魔理沙はいつもこんな感じのピーキーなタイプですね。

 

バランスタイプの霊夢にくらべると扱いが難しく高難易度な特性ですが、その分ショットの威力が高いので面白いです。

 

敵を正面にとらえるために積極的に移動して強烈なショットを叩き込んでいく痛快な楽しみ方が出来るので個人的には一番楽しい機体です。

 十六夜咲夜

 

左右撃ち分けのトリッキータイプ、咲夜のショットはちょっと特殊なんですよね。

 

高速移動時には自機正面にむけて直進する弾ともうひとつ別にアナログパッドを倒した方向、移動する方向にむけて発射される弾があります。

 

この弾が低速移動になると最後にむいた方向に固定されます。

 

これは慣れるまでは使いにくいんですけど、画面の左右どちらかに端に張り付いた状態でも敵を一掃することも出来るのでこれはこれで面白いです。

 

 東風谷早苗

ワイド&スプレッドの広範囲タイプ、正直これはチート機体ですね。

 

早苗が強い!チートだ!みたいな話は先にプレイしたい方々がおしゃっていたんで強いのは知っていましたが、本当に強いです。

 

高速移動では霊夢にも似たお札の形の正面に向かって直進するタイプの弾にパワーが上がってくるの左右に放射状に発射される弾が追加されます。

 

これも十分強力なんですが、問題は低速移動のショットです。

 

このショット敵を追尾するというか直進して敵のいる高さまできたら敵めがけて直角に曲がるんですが、威力も高く道中の敵を簡単に一掃できるので他の自機に比べて楽に進むことが出来ます。

 今回の目玉アビリティカードシステム

今作のストーリーの本筋にも絡んでくるシステムです。

 

このアビリティカードには様々な人妖の魔力が封じられています。

 

このカードが幻想郷に出回ったのが今回の異変なんですけど、

 

自機組の4人はそれぞれの思惑、事情からカードの売人を探し出し、

 

このカードにまつわる異変の真相に迫っていくようなストーリーになっています。

 

このカード、手に入れると装備して使えます。

 

各ステージでボスを倒すと、

 

道中で手に入れた資金や霊力を使って購入できます。

入手したカードは、入手時に効果を発揮する使い捨てのようなもの以外は

 

一度入手すれば、次回以降の初期装備として選択することが可能になります。

 

どのカードを購入、装備するか、その選択もステージ攻略の鍵になってくると思います。

 ヌルヌルと滑らかに動く!

 

私が虹龍洞の体験版をプレイしてみて最初に感じたのは、全体的に動作滑らかでヌルヌル動くことです。

 

これまでプレイしていたWindows初期3部作は、一番新しい永夜抄でさえ17年も前のソフトです。

 

なんとなくカクカクとした感じがあり、よくも悪くも時代を感じるものです。

 

そもそも初期作品は、現行のプレイ環境で動かすことは想定されていなかったはずなので、その影響も少なからずありそうです。

 

おそらく虹龍洞だけでなく、最近発売された作品は多分こんな感じなんでしょうね。

 

特に自機の移動の際の操作感の違いが顕著でした、移動速度は選択する自機によっても違いますが、

 

サムスティックの操作にあわせてするすると動くので、古い作品のカクついた反応と比べると明らかに違いがありました。

 

(そんな段階から感動してるあたり時代遅れな人間であることを痛感します。)

 難易度はそんなに高くない?3面までしかない体験版だから?

 

私がこれまででプレイしている作品はどれも古い作品です。

 

そこから一気に最新版に飛んでしまったのでその間にある作品を実際にプレイしたことがありません。

 

また3面しかない体験版なので難易度の高さについてははっきりと言い切れないところです。

 

そもそもイージーシューターなんで腕前は…笑

 

しかし、イージーモードとは言え数回プレイしただけでピーキーな魔理沙でもコンテニューなしで3面までクリア。

 

チート機体とも言える早苗に至っては2回目のプレイでノーミスであっさりクリア出来ました。

 

これが製品版で6面までフルに遊べるようになると後半まで残機やボム、私自身の集中力を温存する事を考える必要が出てくるので、もっと難しく感じるかもしれません。

 やっぱり音楽がいいですね

 

私は東方ProjectのBGMのアレンジ曲から興味をもったクチなので、やっぱり今作でも気になるのは音楽ですBGMです。

 

私はWindows初期作品に使われているBGMの尖がった感じがとても好きなんですが、

 

最近の作品の音楽は昔に比べると、完成度が高い分より万人受けしやすい曲が増えたような気がします。

 

あくまで音楽素人の主観なんで正直まったくあてになりませんが。

 

今作の虹龍洞の音楽も最近の曲らしく癖は少ないですが、中毒性といいますか、耳に残る曲が多いです。ぜひ体験版をプレイして聞いていただきたいです。

< スポンサーリンク>

 製品版が楽しみですがその前に風神録もやっておきたい。

 

今回プレイしたのはあくまで体験版なので、ステージも本来の6面プラス1(EXTRA)ではないので早く続きをやってみたいです。

 

製品版は5月にリリースされる予定なので今後が楽しみです。

 

また今回の舞台は妖怪の山ということで、守矢神社から早苗が異変解決に向けて乗り出していますが、

 

河童の対をなす存在の山童(やまわろ)が出てきます。

 

東風谷早苗をはじめとする守矢一家や河童の河城にとりが初登場するのは、

 

東方Projectの「東方風神録 〜 Mountain of Faith.」(とうほうふうじんろく マウンテン・オブ・フェイス)です。

 

直接のストーリーに関連性はないのかもしれませんが、同じ妖怪の山を舞台にした作品として製品版をプレイする前にこちらをプレイしてみたいと思います。

 

こちらの作品も音楽が好きなんですよね。ですがいまだに未プレイなので、製品版発売前にやってみようと思います。

 

偶然にもSteamで購入できる東方Projectの正式ナンバリングタイトルは、

 

この東方風神録からとなるので、ここから順に手を付けていくのもいいかなと考えています。

 

Steam版風神録の購入ページはこちらです。

 

今回はここまでとさせていただきます。ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!