Apple製品にピッタリな完全ワイヤレスイヤホン Power Beats Pro【Mac】【iPhone】【iPad】【iPod】【スポーツ向け】

 AirPods Proと対をなすもう一つの選択肢Power Beats Pro

今回は私がMacやiPhoneと共に使用しているイヤホンをご紹介します。

 

AppleのワイヤレスイアホンといえばAirPods ProをはじめとするAirPodsシリーズですが、

このPowerbeat ProはAppleの100%子会社が製造販売するイ

ヤホンPowerbeatシリーズのフラッグシップ的立ち位置のイヤホンです。

 

こちらもAirPods同様Apple Storeでも購入できます。

搭載しているCPUもApple製イヤホンと同じH1を採用しているので、

Apple製品とシームレスに連帯できるのが特徴です。

 

またバッテリーの持ちが良く、耳掛け式で外れにくいので、

屋外でのワークアウト(運動)で使うのにも適しています。

今回はこのPowerbeat Proについて書いてみました。

Power Beats Proを見る

 Power Beats Proを使用した感想

私はこのイヤホンをメインPCのMacBook AirやiPhone SEに接続して使っています。

MacBook Airはデスクトップ化して使うことが多いです。

MacBookAirで外部ディスプレイを接続して使う方法【デスクトップ化】

 ここがいい

・耳掛け式でかっちりとした装着感とホールド性

耳掛け式のPower Beats  Proは

Apple純正のAirPods Proなどに比べると大柄なデザインです。

 

耳にかけるタイプなので、しっかりと保持されます。

ランニングなどで激しい動きをしても落ちることなく安心して装着できます。

 

・H1チップ搭載でApple製品と相性抜群

Appleのイヤホン用CPUであるH1チップですが、Appleの傘下企業であるBeats製イヤホンであるこのPower Beatsにも採用されています。

私が普段使っているApple製端末はMacBook AirやiPhone SE2ですが、Power Beats  Proを近づけるだけで簡単に接続できるので非常に使いやすいです。

Apple製品同様にシームレスな接続ができるのが強みです。

・マイク搭載でハンズフリーで通話も可能

音声を聞くだけではなく、マイクも搭載されているので、iPhoneから手を離して作業をしながら通話する際にもこちらの声が遠くなると言ったことなく通話できます。

もちろん「Hey Siri」でSiriを呼び出すこともできます。

・左右どちらか片方だけでも使用可能

 

左右のイヤホンが完全に独立しているので、状況に合わせて片方だけ使用することができます。

もちろんマイク左右両方にあるので通話も可能です。

・バッテリーの持ちがいい

Power Beats  Proはイヤホン単体でも最大9時間の稼働が可能です。

ケースに内臓されたバッテリーも含めると24時間というのはAirPodsと同等ですが、単体で9時間使用できるというのはAirPodsの二倍というアドバンテージがあります。

私がAirPods Proではなくこちらを選択肢た最大の理由はこのバッテリーの持ちの良さです。

ワイヤレスイヤホンは便利ですが、充電が面倒なのがネックです。

私にとって一番重要な部分かもしれません。

・耐水使用

Power Beats  Proはワークアウトとして運動時に装着されることを想定しているのでタフさが魅力です。

耐汗、耐水仕様なので運動中の汗をかく、軽い雨に濡れる程度は気にせずに使用できます。

だだし、防水というわけではないので意図的に水没させるようなことはしないでください。

・ケースが大きい

これは人によってはデメリット、というかデメリットに感じる方の方が多いかもしれません。

私は、あまり小さいものだと無くしてしまうことがあるので、Power Beats  Proの存在感のある巨大なケースはとても気に入っています。

ズボンのポケットに入れるのは難しいサイズなので、カバンに入れざるを得ないのがポイントです。

 ここが気になる(いまいち)

・ケースは、耐汗、耐水使用ではないので注意

Power Beats  Pro本体は高い防水性を持ち、

運動中に濡れる程度ではなんともありませんが、

ケースは水に弱いです。

 

本体が濡れた際はしっかりと水気を拭き取ってから、収納しましょう。

本体もあくまで耐水使用であって防水使用ではないので、

意図的に水没させたりシャワーで水を掛けたりはしないでください。

 

・デスクワークでは少し大袈裟すぎる見た目と装着感

Power Beats  Proの魅力はごつい見た目通り

ちょとやそっとでは外れないしっかりとしたホールド感や防水性、

バッテリーの持ちなどタフネスさです。

 

しかし、それはデスクで作業するには少々大袈裟すぎる気もします。

 

耳に掛ける動作も少し面倒に思うこともありますし、

AirPodsなどコンパクトなイヤホンに比べると

重たいので煩わしく感じる部分もあります。

 

こちらは、Power Beats  Proのもつ素晴らしさと表裏一体な部分ですね。

・ノイズキャンセル機能はない

現在Beatsブランドで発売されている

完全ワイヤレスイヤホンでノイズキャンセル機能を搭載しているのは、

最新モデルのBeats Studio Budsのみのようです。

 

Power Beats Proはワークアウト向けなので、

屋外でランニングなどをしがなら仕様する場合、

ノイズキャンセルが付いていると周囲の音が聞きづらく危険、という部分もあります。

 

デスク作業している際にはノイズキャンセル機能があった方が作業に集中しやすいと思います。

・時々片方が反応しない時がある

接続が不安定になるのはワイヤレスタイプのイヤホンでは

ある程度は仕方ない部分ではあると思います。

 

こちらの現象は、私の環境下で起きたことなので

他の方に起きるかわかりませんが、

Power Beats  Proはケースから取り出し、耳にかけたことを認識すると、

たまに片方だけ電源が入らないことがあります。

 

 

片方そケースにしまったまま、片耳だけで使用する場合はそれで正常なのですが、

両方を取り出し、耳に掛けた時にそれが起きることがたまにあります。

 

本当にたまになので大した問題ではないと思いますが、

こういったこともあるとだけ知っていただければと思います。

 

 まとめ

今回は私が使っているPower Beats  Proについて書いてみました。

スマートな印象を受けるAirPodsとは対照的に、ゴツくて重たい印象を受ける見た目ですが

そのみため通りのタフなイヤホンなので、スポーツの際に使用する方におすすめです。

簡単にまとめてみます。

  • ランニングなど激しい動きをしても落ちないホールド製
  • H1チップ搭載でApple製品とシームレスで連帯できる
  • マイク付きでハンズフリー通話も可能
  • 左右独立式なので片方だけでも使用できる
  • イヤホン単体で9時間稼働するタフさ
  • ケースが大きいので無くしにくい
  • 耐水使用なので汗や軽い雨程度は気にならない
  • ケースは耐水性ではないので注意
  • デスクで作業するには大袈裟すぎる見た目と装着感(大きくて重い)
  • 時々片側が反応しない時がある(ワイアレス特有の接続が不安定になる現象)

今回は以上になります。

ありがとうございました。

< スポンサーリンク>
最新情報をチェックしよう!