【HAYABUSA】スズキ GSX1300R 隼峠を軽快に走るサスセッティング【減衰】【プリロード】

 ワインディングを軽快に気持ちよく走りたい。

 

隼は国内向けにも生産されるようになりましたがもともとは輸出向けのバイクです。

 

メガスポーツ、あるいはハイスピードツアラーと呼ばれるバイクの特性上、出荷状態では、高速道路をタンデムや荷物を積んだ状態で巡行といったシチュエーションも想定されたセッティングになっています。

 

広大な欧米の大地を移動する場合高速道路を使用することが多くなるので欧米向けのバイクはそういったセッティングになっている様です。

 

特に欧米人は日本人より体格も大きいのでなおさらです。

 

日本でもタンデムやロングツーリングで荷物をたくさん乗せた状態で、高速道路を巡行するといった使い方をする方にとっては好都合な状態です。

 

私の様にワインディングロードを軽快に駆け抜けるのが好きなライダーにとっては少しばかり硬すぎてサスがしっかり動かなかったり、リアの荷重が足りず前のめりになったりします。

 

そこで今回はワインディングロードを気持ちよく走れる様なセッティングを探ってみることにしました。

 

あわせて読んで頂きたい記事。

【大型バイク】GSX1300R 隼 メンテナンススタンドの使い方【Jトリップ】

 

【SUZUKI】スズキ GSX1300R 隼 エンジンオイル オイルフィルター交換。 【HAYABUSA】【オイル交換】

 

【スズキ】一年乗ったレビュー、隼の7つの長所の6つの短所【GSX1300R HAYABUSA】

 

 サスセッティングとは?

 

バイクのサスセッティングについてはこちらのページがわかりやすかったのでシェアさせていただきます。

 

サスペンション調整はバイク初心者こそ必要!【ネモケンの今さら聞けないバイクのギモン】

 

 条件

 

セッティングの話に入る前に今回セッティングを行った条件を書いておきます。

 

  • 車両:SUZUKI HAYABUSA1300 フルノーマル
  • フロントタイヤ:ブリジストン TS100 120/70R17 Zレンジ
  • リアタイヤ:ブリジストン TS100 190/50R17 Zレンジ
  • ライダー(私)の体格:身長174cm 体重74kg
< スポンサーリンク>

 

 隼のサスセッティングの方法

 

隼のサスペンションは純正でフルアジャスタブルです。

 

そのため分解してオイルやスプリングなどを交換せずともアジャスターを回すだけで減衰やプリロードの調整を行い効きを調整できます。

 

サスペンションの調整手順につきましては上でシェアさせていただいた記事と大体同じですが、隼での手順も紹介させていただいた方がわかりやすいと思うので書いていきます。

 

減衰アジャスターは回して行くとカチカチと手応えがありますが、一回カッチっとしたら1クリック(一段階)効きが変化します。

 

強さの段階はめいいっぱい締め込んだ最強の状態から○クリック戻しという表現をしています。

 

フロントフォークの調整は左右で均等になるように行いましょう、左右でズレがあると操作性や安定性を著しく低下させ大変危険な状態になってしまいます。

 

 フロント

 

 プリロード(PREROAD)アジャスター

 

14mmのソケットを使って回していきます。

 

時計まわりに回すとスプリングが締まりプリロードが強くなります。

 

逆に反時計周りで弱くなります。

 

 伸び側(TAIN)減衰アジャスター

 

プリロードアジャスターの中心にあるのが伸び側の減衰アジャスターです。

 

マイナスドライバーで時計回りに回して行けば強くなり反対に回すと弱くなります。

 

(これは下記の他の減衰アジャスターにおいても同じです。13段階の調整が可能です。

 

 

 圧縮(COMP)側減衰アジャスター

 

圧側のアジャスターはフロントフォーク下部にあります。

 

こちらも時計回りで強くなり反時計回りで弱くなります。14段階の調整が可能です。

 

 リア

 

 プリロードアジャスター

 

今回のセッティングでは標準位置のままなので割愛させていただきます。

 

 伸び側減衰アジャスター

 

車体左側からシートカウルの下側を覗くと見える位置にあります。

 

時計回りに回すと強くなり反時計回りで弱くなります。

 

私は長めのマイナスドライバーで回してしまいます。調整範囲は22段階です。

 

 圧縮側減衰アジャスター

 

こちらはわかりにくいところにあります。左のステップとエキパイの間からのぞけば見えると思います。

 

こちらも時計回りで強くなり反時計回りで弱くなります。こちらも22段階の調整が可能です。

<スポンサーリンク>

 セッティング

 

標準セッティングからこれまで私の隼のサスセッティング

 

今回のサスセッティング変更でベースにした新垣セッティング

 

そして変更後の現在の私の隼のサスセッティングと順に説明していきます。

 

 隼の標準サスセッティング

 

フロント

PREROAD 無段階 上から5本目のケガキ線(以下標準)
COMP 14段階 9クリック戻し
TAIN  13段階 3クリック戻し

 

リア
PREROAD スプリングセット長 183mm
COMP 22段階 8クリック戻し
TAIN  22段階 11クリック

 

このセッティングが隼の標準です。

 

このセッティングでも乗りにくいことはありませんが、

 

後ろに荷物や人を乗せない状態でワインディングレベルの速度域だと乗り味がハードすぎる印象でした。

 

 これまでの私のセッティング

 

フロント

PREROAD 無段階 標準
COMP 14段階 13クリック戻し
TAIN  13段階 6クリック戻し

 

リア

PREROAD スプリングセット長 183mm
COMP 22段階 10クリック戻し
TAIN  22段階 13クリック

 

標準からわずかに減衰を抜いた状態です。まだ硬く若干サスの動きが悪い印象でした。

 

また、フロントの車高が低い印象でコーナーでバイクを寝かせた際にハンドルが内側に切り込んだり、リアの荷重が抜けて不安定になる傾向にありました。

 

 今回のベースとなる新垣流セッティング

 

フロント
PREROAD 無段階 標準から2回転締め
COMP 14段階 11クリック戻し
TAIN  13段階 6クリック戻し

 

リヤ
PREROAD スプリングセット長 183mm
COMP 22段階 10クリック戻し
TAIN  22段階 14クリック戻し

 

新垣流セッティングというのはネットで隼のサスセッティングを調べると一番ヒットするセッティングです。

 

このセッティング元世界GP500ライダー新垣敏之氏のおすすめセッティングだそうです。

 

今回はこちらをベースにセッティングを探っていくことにしました。

 

減衰のセッティング自体はこれまでの私のセッティングとフロントの圧側で2クリック強くリアの伸び側が1クリック弱い状態です。

 

一番違うのはフロントのPREROAD(プリロード)です。フロントプリロードを標準より2回転締めることでフロントの車高を上げて車体が前のめりになるのを抑えています。

 

この状態でも乗ってみましたが、今度はハンドルの切れ込みが軽減され車体を寝かし易くはなりましたがフロントに荷重が乗せにくい印象がありました。

 

 現在の私の隼のサスセッティング

 

フロント
PREROAD 無段階 標準から2回転締め
COMP 14段階 12クリック戻し
TAIN  13段階 6クリック戻し

 

リヤ
PREROAD スプリングセット長 183mm
COMP 22段階 10クリック戻し
TAIN  22段階 16クリック戻し

 

新垣セッティングからさらにフロントの圧側を1クリック、リアの伸び側を2クリック弱めています。

 

これによりコーナーの新入でフロントに荷重をかけ易くなりスムーズに気持ちよく曲がれるようになりました。

 

現状で不満はないのでしばらくこのまま様子を見ていこうと思います。

 

< スポンサーリンク>

 

 サスセッティングで乗り味は大きく変わる。

 

今回はもともとのセッティングが硬すぎて、ワインディングロードを走ることが多い私にとっては軽快感がなくまたリアの荷重も足りない状態で不安定になるような症状が出ていました。

 

それをフロントのプリロードを強くすることでフロント下りな姿勢になる事を抑えて、あとは減衰でサスがが適度に動く様に調整した形になります。

 

以前のセッティングではツアラーらしいどっしり感がありました。

 

しかし、その分軽快さに欠きコーナーで曲げにくく感じたり、タンデムや積載をした際のバランスを考慮しているためかフロント下りの姿勢となり、リアの接地感が乏しかったりコーナリング時にハンドルが切れ込んだりといった印象がありました。

 

現在のセッティングではフロント下りの姿勢が解消されリアの接地感も十分に感じられ、ハンドルの切れ込みも軽減されました。

 

また減衰も弱くししたことでサスもよく動くので全体的に車体の動きも軽快になりました。

 

ツアラーらしい安定感が少しスポイルされた印象はありますが、スポーツバイクらしい軽快なハンドリングになったので私としてはとても満足しています。

 

 最後に(注意点を含む)

 

今回は私の隼のサスセッティングのお話をさせていただきました。

 

サスペンションのセッティングはバイクの動きを改善せるためにとても有効ですが、セッティングを間違えて著しくバランスを崩してしまったり(左右で値が違うなど)、そもそも調整の仕方が違う(調整範囲を超えて無理にアジャスターを回してしまう、アジャスターではない別のネジを回してしまうなど)と言ったミスがあると大変危険です。

 

自信がない方は無理に自分で行おうとせずにバイクショップなどに相談しながらやっていくといいでしょう。

 

今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

最新情報をチェックしよう!