【自転車】AZのチェーン洗浄器が進化していたので買ってみた。【メンテナンス】

 チェーン洗浄機が壊れたので買い替えました。

こんにちは、私は普段自転車のチェーンの清掃にはAZのチェーン洗浄器を使っていました。

ところが、最近そのチェーン洗浄器の取っ手部分のロックが壊れてしまい使えなくなってしまいました。

また同じものを購入しようと考えていたら、新型が出ていたのでそちらを買ってみることにしました。

 

新型と言っても私が気がついた時にはすでに発売されていたものなので今更かもしれませんが、

自転車のチェーン洗浄器の購入を考えている方の参考になれば幸いです。

 

 これまでのタイプは正直使いにくかった。

AZのチェーン洗浄器は、チェーンディグリーザーと呼ばれる洗浄剤を入れてチェーンに噛ませ

ペダルを回すことで中のブラシが回転しチェーンの汚れを落とすことができる優れものです。

 

しかし、少々使いづらさを感じる部分もありました、今回購入した新型はその部分を改善していたので

非常に使い勝手がいいです。

従来型のチェーン洗浄器を見る

 旧型は蓋を開けるとブラシがバラバラになりブラシを無くしやすく、組み立ても面倒

旧タイプ(青)は内部のブラシが固定されておらず、上から溝にハマっているだけなので

蓋を開けて傾けると、ブラシがポロポロと落ちてしまいます。

 

これが厄介でチェーンディグリーザーを注ぐときや、洗浄器をチェーンへ脱着する際に蓋を開けると

そこでブラシが外れてしまうということがよくありました。

またチェーンガイド部分のゴムも変形しやすくこれも

外れやすく嵌めにくいものだったのでどうにか

ならないかと思っていました。

 

 新型は蓋を開けてもブラシが外れることはなく、またガイド部分のゴムも廃止されている。

旧型の使いにくさを感じていたのはおそらく私だけではないようで、今回購入した新型では

そういった部分は完全に改善されていて非常に使いやすいものに生まれ変わっていました。

 

また、サイズが大きくなった分たっぷりとチェーンディグリーザーを入れることができるので

より、しっかりとチェーンを洗えるようになりました。

新型のチェーン洗浄器を見る。

 唯一の欠点は洗浄剤の消費量くらい?

 

旧型の欠点を見事に払拭した新型のチェーン洗浄器ですが、大きくなった分チェーンディグリーザーの消費量が多く

500mlのボトルではすぐになくなってしまいそうです。

とはいえ使用量自体はある程度調整できるので毎回入れる量を少なめにすれば良さそうです。

(あまりに少ないとしっかり洗浄できないとは思います。)

チェーンディグリーザーを見る

 最後に

今回は自転車のチェーンの洗浄器について書きました。

使い勝手で言えば断然新型ですが、旧型もチェーンディグリーザーの消費が少ないという

メリットはあります、好みに合わせて使用していただければと思います。

 

自転車についてもまたなにかあれば書こうと思います。

今回は以上です。

ありがとうございました。

< スポンサーリンク>
最新情報をチェックしよう!