【Uber Eats】バイクに配達用バッグを固定してみた。 原付 フィックスキャッチ 取り付け方 アドレス110 ウーバーイーツ ウバッグ 固定方法 GIVI

  バイクにもバッグを固定して配達したい。

こんにちは、私はウーバーイーツの配達パートナーとして稼働していますが、

自転車からバイクに乗り換える際に以前のバッグを車体に固定するスタイルではなく、

背負う方法で配達していました。

 

しかし、バイクでもバッグを背負うより、車体に固定してしまった方が楽ではないか?

と思い自転車に取り付けていたフィックスキャッチをアドレスに付け替えてみました。

 

今回はGIVIのトップケース取り付け用のベースプレートを使用してフィックスキャッチを取り付けるので

アドレス110だけでなく、このタイプのベースプレートを使用できるバイクであれば、取り付けが可能です。

ウーバーイーツの配達などでバイクにフィックスキャッチの取り付けたい方の参考になれば幸いです。

自転車にフィックスキャッチを取り付けた記事はこちら。

GIANT ESCAPE RX2 キャリアとフィックスキャッチを装着してみた。 UberEats配達員 バッグを自転車に固定

 

 フィックスキャッチは配達用バッグがピッタリはまる。

フィックスキャッチは、サイズ的にウーバーイーツの公式バッグがすっぽりとはまるので、

自転車のキャリアにバッグを固定している配達員に人気のキャリア拡張用のサブキャリアです。

今回はこのフィックスキャッチを原付二種であるアドレス110に取り付けてみました。

 

フィックスキャッチは本来自転車用のキャリアを拡張するためのものなので

バイクに使うのは、本来の用途とは違うのかもしれません。

取り付け、使用に関しては自己責任でお願いします。

 

 用意するもの

フィックスキャッチ

 

フィックスキャッチは昭和インダストリーズの

自転車のキャリアに取り付けるの荷物ラックです。

工夫すれば、バイクにも取り付け可能です。

フィックスキャッチを見る。

トップケースのベースプレート

アドレス110の純正キャリアは、穴の位置の問題で

そのままではフィックスキャッチの取り付けができませんでした。

(そもそもフィックスキャッチの取り付けはそう定位されていない。)

 

今回はトップケース(リアボックス)用の取り付けベースを利用して

フィックスキャッチの取り付けを行いました。

GIVI ベースプレートを見る

ボルト(M6X40、M6X45、それぞれ2本ずつ。)

フィックスキャッチに付属していたボルト(写真下)では長さが足りなかったので

ホームセンターで長いボルトを購入してきました。

 

とりあえず十分な長さがあればいいと適当な長さを買ってきてしまったので、

後ろの二つの穴はいいのですが、前の二つの穴は純正キャリアの上にあり、

長すぎてキャリアに干渉してしまいます。

 

今回はベースプレートについていたボックス取り付け用金具を

スペーサーにして誤魔化しましたが、おそらくM6X35くらいのボルトが

ちょうどいいと思うので近いうちに交換しておきたいと思います。

 

 取り付け手順

 

・ベースプレートの取り付け位置を決める。

ベースプレートはカバーを外すと無数の穴が空いていて、

いろいろな種類のバイクのキャリアに合わせて取り付けが行えるようになっています。

アドレスのキャリアもちょうど固定できる穴があったのでこれを利用します。

 

この段階ではボルトを仮止めしておきます。

 

・フィックスキャッチの位置を決める。

ベースプレートのおおよその位置を決めたら、

今度はフィックスキャッチの取り付け位置を決めます。

ベースプレートとキャリアの間に、フィックスキャッチ固定用の金具を通して、

フィックスキャッチが固定できる穴を見つけます、

ちょうどいい穴があったのでそこにボルトを通して固定します。

 

ベースプレート、フィックスキャッチを締めて固定する。

ベースプレート、フィックスキャッチそれぞれ固定する位置を決めたら

仮締めしていたボルトを締めて完了です。

 

上でも書きましたが今回は追加で買ったボルトが長すぎて

キャリアに干渉してそれ以上締め付けられない状態になってしまったので、

ベースプレートについているトップケース固定用の金具をスペーサーがわりにしました。

 

本来の使い方ではなく見た目も良くないので、改善したいと思います。

 

バッグを乗せて荷造り紐で固定する。

フィックスキャッチをバイクに取り付けたら、バッグを乗せ荷造り紐で固定します。

若干前傾になるが、許容範囲?

トップケースのベースを取り付けた時点で気がついていましたが、

アドレス110のキャリアにベースを取り付けると前傾しています。

このうえにバッグを乗せると当然前傾姿勢になります。

 

私はバッグをワイヤーロックで盗まれないように施錠します、

このワイヤーロックやバッグを背負うときに使う

ショルダーバックルの一部をフィックスキャッチと

バック底面の前方側の間に噛ませることで

バッグの前傾姿勢をある程度修正できます。

 

荷造り紐でしっかり固定してしまえば、

動くこともないので大丈夫だと思います。

 

 最後に

今回はアドレスにフィックスキャッチを取り付けてみました。

早速次回ウーバーイーツの稼働を行う際に使ってみようと思います。

使ってみて改善点など見つかればまた記事にしようと思います。

今回は以上になります。ありがとうございました。

< スポンサーリンク>
最新情報をチェックしよう!